小さな風景ねれる公共

私たちが移動中の電車のなかや、木陰、公園のベンチなどで「ねれる」のはなぜでしょうか。公共空間で「ねれる」ことは、居場所そのものの心地よさや公共空間への信頼感、社会的慣習などの要素がバランスしていることが重要そうで、空間をつくる上でのヒントが隠れているような気がします。「ねれる公共」では、そのような風景を集めています。

ねれる公共

20210724

ねれる公共

20210216

ねれる公共

20201229

ねれる公共

20190814

ねれる公共

20181210

ねれる公共

20181128

ねれる公共

20170420