福祉の毎日

20200926

障がいをもつ方々の活動と場所とを1対1対応にするために簡易的に区画を行う、構造化と呼ばれるものの様子です。旧校舎の教室が現在はアトリエとして使われており、その一角に作業場所があり合わせの材料でつくられた衝立や家具、棚等でつくられています。
(旧日野春小学校/山梨県)

#masakimusashi

Written by